いんきんたむし薬ととんでもない一日

2014.9.1|いんきん番長日記

このエントリーをに追加

今までいんきんたむし薬について、俺自身の経験
を通していんきんたむしの治療薬にはラミシールが最適だと
散々語ってきた。

これは本当に俺の実体験に基いているので間違いは無いが。
ふと、他にもっと効く薬はないものかと思い 久しぶりに近所の
ドラッグストアに行ってみた。

いんきん番長と名乗っている以上、いんきんたむしに効果のある薬を
調べつくすのが俺の使命だ。

そんな事を思いながらドラッグストアに到着してさっそく調査してみたが
いまいちパッとしたものが無い。

俺はオオサカ堂のラミシールをおすすめしているが、このドラッグストアには
市販薬のラミシールさえ置いて無い。

なんちゅうドラッグストアや!くそったれガソリン代損したわと思いながら
さっさと家に帰る事にした。


いんきんたむし野郎とはコイツの事だ


ブツブツ言いながら車を運転して帰りながら交差点の信号が赤で
止まった時に、まさにいんきんたむし野郎が現れたのである。


そいつはいきなり運転席の窓ガラスをコンコンと叩き現れた

「シートベルト、アウトですね~」

そいつはまるで、野球の審判のように親指を立てながら俺に声をかけてきやがった。

この親指の時点で、かなりムカついてはいたが、実際にシートベルトを
してなかったのは俺なので、そこはこの俺様もおとなしくキップを
きられてやる事にした。


いんきんたむし野郎、考えられへん!!



いんきんたむし野郎 「ダメですよ~。ちゃんとシートベルトして下さいね~}

俺         「すみみません。。。。いつもはちゃんとしてるんですが。。。。」

いんきんたむし野郎 「じゃキップだけきらせて貰いますね~」

俺         「はい」

いんきんたむし野郎 「後ろからこっそりつけていたの分かりませんでした?」

俺         「いや~分からんかったですね」

いんきんたむし野郎 「そうですか^^なんか嬉しいですなあ!こっそり作戦大成功ですわ^^」


最初からなんとなくムカついてはいたが、この一言で我慢の限界が訪れた。

俺         「なんじゃ??こらワレ!嬉しいとは何事なら!!わしはひとっつも嬉しゅう無いわい!!!」

いんきんたむし野郎 「・・・・・・」

俺         「そもそも、こっそりついて来るとはどういう事やああああああ!!」
          「こっそり分からんようについて来てぶつかって事故にでもなったらどうしてくれるやあああ!おうコラ!!」

いんきんたむし野郎 「いや~我々はちゃんと訓練うけてますんで、大丈夫です!」

俺         「ほんならなにかい!自動車学校で後ろから警察がコッソリついてくる事があるので気をつけて運転する練習しましょう。いう授業があるんかい!わしら一般人はそんな訓練なんか受けとらんのじゃ!ボケがああ!」

          「そもそもそんなセコイ事せんと、シートベルとはちゃんとしましょう。いうて目立つ所に立っとくのがお前らの仕事じゃ!ボケっ!!!」
          「頭の上にパトライトでも付けて走らんかい!!ドアホがあああ!!!」
       「おのれみたいな警官おるから、世の中ようならんのんじゃ!考えられへん!!」


これだけ言い放ってもまだ怒りが治まらないので、このあと延々と説教してやりました。
世の中にはとんだ、いんきんたむし野郎がいるもんなので、みなさんもこんな奴にでくわしたら、
ラミシールでいんきんを治療するように、ちゃんと説教してやりましょう。

せっくゴールド免許だったのに・・・・・・・・・
こんな日はオオサカ堂でなにかおもしろい商品を探して気分転換だ
>>>オオサカ堂はコチラから<<<

>>ラミシールの詳細はコチラ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL