ラミシールクリームで陰部の痒みを治せる

2013.10.27|カンジタ ラミシール

このエントリーをに追加

陰部の痒みで悩んでいる女性も多いと思いますが、なかなか
人には相談できないし、陰部だけに病院に行くのも恥ずかしいですよね。

女性の陰部の痒みの原因として多いのがカンジダという真菌による感染症です。

感染症といっても性交渉で感染する訳ではないので、性病ではありません。

女性n陰部の痒みの場合、安易にフェミニーナ軟膏で対処してしまいがいちですが

カンジダ症の場合フェミニーナ軟膏では治療する事はできません。


それどころか、症状を悪化させる場合があります。
カンジダ症の場合
原因菌に効果があるテルビナフィン配合
ラミシールクリームがオススメです。

>>>>女性はコチラを必見<<<<
>>実際に購入したラミシールの詳細はコチラ<<


カンジダ膣炎の原因は


もともと膣内にいるカンジダ菌が、あなたの体力の低下等の原因で
善玉菌が、減少し悪玉菌のカンジダ菌が増える事によってカンジダ膣炎が起こるのです。

風邪をひいて体力が落ちたり、免疫力が落ちてカンジダ菌が増えたり、
風邪や他の治療で抗生物質を使った後なども、抗生物質でカンジダ以外の善玉菌も
一緒に除菌してしまうので、症状が出るケースが多いです。


他には、妊婦の方も妊娠により抵抗力が弱くなるので妊娠中にカンジダ膣炎に
なる人も多いようです。




カンジダ膣炎の症状は


カンジダの症状は主に痒みとおりものです。
痒みは外陰部が痒くてたまらないという女性が多いです。
症状がはひどい場合は膣内も痒くなったり、ヒリヒリそした痛みを
感じる事もあるようです。

おりものは特徴的で酒粕のようなポロポロとしたものがでてくるケースが
ほとんどです。

カンジダ膣炎は自宅で治療できるのか

カンジダ膣炎を自宅で治療する前にあなたの陰部の痒みの原因が
カンジダかどうか検査する必要があります。


産婦人科に行くのが一番良いとおもいますが、どうしても恥ずかしい方や
高校生など、自宅で簡単に検査できるキットがネットで購入する事ができます。



>>カンジダ症体験談まとめはコチラ<<



コチラの検査キットで判断して、カンジダ菌が原因とわかったら、
カンジダ菌や白癬菌等に効果がある抗真菌剤の薬品で治療ができます。

もっとも有名な抗真菌剤は世界各国で販売されているカンジダやいんきん、水虫の
治療薬ノバルティス社のラミシールクリームです。

ラミシールクリーム陰部への塗り方


女性の場合性器の外陰部に塗るのはOKです。
膣の中も痒いからといって膣の中への使用は不可です。

ラミシールクリームを塗り続けても治らないようであれば
病院に行って、膣内に直接入れる薬や、飲み薬を処方してもらいましょう。

病院でも外陰部用の薬はラミシールを処方する所が多いようです。

ネットで購入すれば、気軽に安く購入する事ができます。

私は陰部の治療の為個人輸入代行のサイトで格安でラミシールクリームを
実際に購入して治療しました。間違いなく最安値です。

>>>>女性はコチラを必見<<<<
>ラミシールクリーム詳細はコチラ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL