ラミシール 陰部への塗り方

2013.9.18|ラミシール

このエントリーをに追加

ラミシール 陰部への塗り方について

まず、ラミシールを陰部に塗っても大丈夫か?と悩んでる方が
多いのですが、陰部というものが何処を示しているのか理解しておきましょう。
>>>>女性はコチラを必見<<<<
>>実際に購入したラミシールの詳細はコチラ<<

>>いんきんたむし治療方法の秘密をコチラで公開中<<

陰部とは、ウィキペディアによりますと

陰部とは - Weblio辞書 (1)




という訳で性器そのものとその周辺を含めて陰部という事になります。

そこでラミシールを陰部へ塗る前に陰部の症状を確認して見ましょう。


性器そのものに痒みを感じるようなのであれば、それはおそらく
カンジダの可能性が高いですが、性器そのものではなくその周辺に痒みが
あり、皮膚が赤くなる症状であれば、いんきんの可能性があろます。

カンジダかいんきんであれば、ラミシールを陰部にぬっても大丈夫です。
勿論、性器そのものに塗っても問題はありません。

男性でも女性でも同じです。

しかし、ラミシールをを陰部に塗る前に必ず病院に行って、正しい診断を
してもらいましょう。

病院によっては、医師の好みで薬を処方したり病院で薬を出す所では
在庫のある物を優先して、症状に対して必ずしも正しい薬を出さない
ケースもあります。

なので、処方箋をもらって外部の薬局で薬を受け取るシステムの病院が
いいかもしれません。


一度は病院に行ったけどやはり陰部の症状なので、薬の為だけに何度も
病院で陰部を確認されるの恥ずかしいと思ってしまって、

ラミシールが無くなっても病院に行けない人は、市販のラミシールを購入
できるので、市販のラミシールを陰部に塗っても大丈夫です。
>>>>女性はコチラを必見<<<<
>>実際に購入したラミシールの詳細はコチラ<<

>>いんきんたむし治療方法の秘密をコチラで公開中<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL